カテゴリー: 未分類

どんな靴でもいいの?

もう1つ靴をクリーニングに出そうと思っている人が大きく疑問に思っていることがあると思います。それは「どんな靴でもクリーニングすることが出来るの?」ということではないでしょうか?

靴には様々な種類・形があります。クリーニングはどのような作られ方をしている靴であっても通用するのかは非常に気になるところですよね。靴のクリーニングを専門としているところでは多くの種類の靴を洗うことが出来るようです。しかし、勿論取り扱っていないものもあります。まずは、明らかに破損しているもの・古いものです。まあ、これは自分で見てもダメかもなと気づきやすいものなのではないかと思います。分かりにくいのは合成皮革品で合皮が劣化してしまっているもの、中敷が接着タイプであるものです。

こういったものは多くの靴クリーニングで取扱い不可になっている店が多いので注意しましょう。合皮がなんでこんなに却下されやすいのかというと、そもそもポリウレタンやポリ塩化ビニール等で作られている合皮素材の靴は購入してから1?2年もしたらどれだけ綺麗に使用していてもほぼ当たり前のように剥離や破れが発生するということが分かっているからです。合皮の靴のクリーニングに関しては諦めた方がいいでしょう。